五反田M性感 王室の絶頂 ロイヤルオーガズム
-シナリオブログ〜俺の可愛い妹が○○を超絶技巧で責めてきた〜-

五反田M性感royalのコンパニオン巨乳痴女JURIのバナー画像です。

シナリオブログ〜俺の可愛い妹が○○を超絶技巧で責めてきた〜

  • カテゴリ:ロイヤルオリジナルストーリー

この度は、ロイヤルきっての超キュートな悪戯っ子RISAちゃんのオリジナルブログが新作UP★

タイトルは「俺の可愛い妹が○○を超絶技巧で責めてきた」
ピュアな可愛い妹にあんなことや、こんなことされてしまったら…もう我慢なんかできない!

是非シナリオのご参考にしていただけますと幸いでございます(((o(*゚▽゚*)o)))

俺の可愛い妹が○○を超絶技巧で責めてきた

 

今日はやっと彼女と会える日だ。

 


打ち合わせからニコニコと笑顔を絶やさずにいてくれて、こちらの要望を細かく確認してくれる。
とても明るくて優しい元気な彼女で、今日のプレイも楽しみで仕方がない!

さぁ開始だ。

 

 

RISA「おにぃちゃん何しているの~?」

 


俺「ん~?テレビ見てたよ?」

RISA「それよりも私と遊んでよ!」

イスの間に座り込み、上目遣いで俺を見つめてくる。

 

 

 

 

俺「まったく、RISAは甘えん坊だなぁ~」

俺「休みだぞ?一緒に遊ぶ友達はいないのか?」

RISA「友達じゃないの!おにぃちゃんと居たいの!」
RISA「甘えん坊じゃないもん!おにぃちゃんのばか!」

 

そういうと、頬を膨らませ横を向いてしまう。


俺「ほ~ら、おいで」

彼女の頬をつんつんと指でつつく。


RISA「もう!おにぃちゃんったら」

そのまま彼女は俺の上に乗ってくる。
俺「仲直りのキスしよ、なぁ?」

 

微笑みながら、そっと唇を重ねた。


彼女の唇は相変わらず驚くほど柔らかい。


チュッチュッと何度も唇を求めあう事に、互いの興奮が高まり、熱い吐息が漏れていた。

 

彼女は「はァ……」と甘く鼻を鳴らしている。


俺「RISA可愛いなぁ」

目をあけ、彼女を見ると、上気した表情でたまらない。

 


RUKA「はぁ…はぁ…おにぃちゃんのばかぁ」

俺が目をあけている事に気が付いたのか、彼女も目をあけ、見つめ合いまた微笑み合った。

 

俺「もうたまんないよ」


RISA「おにぃち…!」

 

と彼女が言い切るよりも早く、再度唇を重ねる。
彼女の舌を絡めとり、反応を探るように微妙に左右に動かした。


RISAは甘い声を上げている。


舌先を吸い、歯で甘く噛み、そっと付け根に触れる。

 

くちゅくちゅと音が鳴る。


舌先で歯の付け根を撫で、口蓋の柔らかいところを擦る。


彼女も俺の動きに合わせ舌を絡め合わせてきた。

たまらない。

俺のモノは完璧に勃ってしまった。


お互い唾液を飲み込むと、唇を離した。

 

後半

 

 

俺「お前があんなキスしてくるから、お〇ん〇ん勃った。ちょっと触って。」


RISA「…!?…えぇ!?」

とろんとしていた彼女だが、俺の一言で大きな目をぱちくりさせる。
RISA「そんなのできないよ!した事ないもん」


俺「あ~あ、じゃぁいいや、自分で何とかするし、もうお前とは遊ばないから」

RISA「分かった!分かったから」

イスから降りて、真正面に座る。


それを見た俺は、ズボンと下着を脱いだ。


俺「じゃぁ、ほら」
RISA「初めてだから、どうなるか分からないからね!」

彼女はそういうと、伏し目がちに両手でブツの根本を撫でる様に触り始めた。

 


俺「それじゃぁ、くすぐったいだけだな。上下に擦ってみろ」


RISA「こう?」

上目遣いで、俺のブツを根本から擦ってみたり、カリ首を手のひらで撫でてきた。


意外と気持ちのいい手つきについ声が出てしまう。
RISA「ふ~ん。これが気持ちいいんだね」

擦り方にも強弱をつけ、カリ首から根本まで指先で撫でてきた。


RISA「こっち触ったらどうなるんだろ?」

と言いながら、玉をゆっくり揉んできた。

 

先ほどからの愛撫もあり、自然と声が漏れてしまう。


RISA「ねぇおにぃちゃん?ち〇ち〇の先端から、いっぱい液体が出てるね?これは流石に知ってるよ?気持ちいいと出るやつでしょ?」

 

ぬるぬるの手でカリ首だけをぐりぐりといじられる。脊髄に鳥肌が立つほどの快感が走る。
RISA「おにぃちゃん、これが好きなんだね?目がとろんとしてるよ?」


俺「はあぁ…んっ…」


RISA「まさかもうイッちゃいそうなの?可愛いね」

妹の手は止まらない。イスに片膝を乗せ上から俺を見つめる。


RISA「お〇ん〇んがビクンビクン言ってるよ?」

 

そういうと俺の唇を舌先でなぞりペロリと舐めた。


俺は何も言えず、ただ快楽に身を任せるしかなかった。


RISA「もうお〇ん〇ん、イッちゃいそう?いいよ、手の中で出しちゃおうね。」



RISA「ほら、キスしよ。キスしながらイッちゃお?」

唇を重ね、先ほどとは変わって、音が出るほど舌を絡めてくる。

 


俺「んっ!んんっ…!」
RISA「ほらぁ、射〇しよ…?」

 

そう彼女はいうと、再度唇を重ねてきて、片手で更にカリ首をぐりぐりとこねくりまわし、もう一つの手で根本からカリ首までを激しく擦りだした。


俺「あぁぁぁぁっ!」

耐えきれず彼女の手に射〇した。彼女の手から白濁したものが溢れ溢れていった…

 

 

プレイ後
俺「あれは卑怯だよ。理想を超えた最高の妹を出してくるのわさ~」
RISA「本当!?よかった~。」
俺「今度は何いちゃいちゃにしよっかな~。RISAは理想を超えてくるから、毎回楽しみでしょうがいないよ」
RISA「ありがとう~。そういってもらえるように、これからも頑張るね!」と彼女は変わらないニコニコとした笑顔で答えてくれた。